South Canoe 6.28


昨日は久しぶりにサウスカヌーへMTB。

朝のうちは雨が降っていたけど天気予報通り、
走り出す12時半くらいから青空が見えてきた。

Y女史は中古のMTBの試乗も兼ねている。


DSC06681-2.jpg


ここはトロール・トレイルがあるので楽しい場所。

DSC06683-2.jpg



トレイルの木製の橋の周りにこんなトロールが沢山置いてある。

DSC06687.jpg






DSC06688.jpg






DSC06699.jpg






DSC06700.jpg






DSC06703.jpg






DSC06704.jpg



雨上がりの緑の中のトレイルを2時間ほど楽しんできた。




実は自分もM女史の元旦那のDレックが売りに出しているMTBを試乗してみた。
今のSpecialized Fuseに不満は無いのだが、
カーボンフレームの29nerのいいバイクをかなり安く売るというので、
とりあえず試乗してみようということに相成った。
彼は甲状腺を患ってから、体力的にもきつくなってきたようでE-MTBに替えたのだ。

彼が乗ってたならフレームサイズはMのはずだったので、
自分には小さいかなと思っていたのだが、
M女史の家でまたがってみたら大丈夫そうだった。

年式は2016年型ということでFuseの2017年と大差ない。
注) 2016というステッカーが貼ってあったので勝手に2016年型だと思っていたが、
   これは2016年のレースに出たときのステッカーみたいで、
   反対側には2017年の同じスタイルのステッカーが貼ってあった。
   このフレームのカラーリングで調べると、これは2012年型。
   ただし各パーツはかなりアップグレードされている。


走ってみると、自分の走りのスタイルに合っていて、
登りも軽くて調子いい。

コーナーなどの取り回しも問題なし、
というかかなりキレがあって軽快。

シフトもスムーズ。
Fuseはシフトするとカン、カンと気持ちよくシフトするのだけど、
これはそんな音もせずにスムーズに何事もなかったように静かに切り替わる。

そしてフルサスペンションだけど、
基本的に自分はフルサスはいらないと思っている人。
しかし、前後ともにストロークがそんなに多くないのが気に入った。
特に後ろ側。
XCに最適。

ドロッパー・シートポストもナイス。

とゆ~わけで、予定もなかったのだが、
MTBを入れ替えることにした。


Fuseを売ればうまくするとお釣りが来るくらい。
嬉しいお友達価格。
おまけに支払いはFuseが売れてからでもいいというし、
さらに100ドル安くしてくれた。
Dレック、ありがとう。


Salsa Spearfish。

DSC06711.jpg

RX100



ただし、トレイルの登りのリアタイヤのグリップはFuseのセミファットタイヤのほうがいい。
そのうちセミファットのいいバイクにしたいかも。








[ 2020/06/29 07:18 ] MTB/Road bike | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3531-170cf862