ベラクーラ・ツーリング 2nd Day #3



ダートロードが急な下りになったので、
特にコーナーに気をつけながら下っていく。
今まで高い台地のところを走っていたようで、
この後、海に向かって一気に標高を下げていった。

ダートが終わり、坂も下りきった当たりで、
ファーストネーション(先住民:日本的にいうとインディアン)のバリケードに遭遇。

出発の5日前まで旅行者を受け入れていなかったこの地域では、
生活に必要な物資を運ぶトラックや、
医療関係者以外はここで返されたようで、
未だにその時の看板が置いてあったので、
「ん?」と思ったのだが、
一台づつ止められ、入村に当たってのレクチャーを受け、
名前と電話番号、そしてバイクのライセンス・プレートを書き込まれて、
無事に入村。
ストアに入るときは必ずマスクをせよということ。

それはネットで見て知っていたので、
ちゃんと持参していることを伝えると、
「では、楽しんできて下さい」と通された。


ベラクーラの手前のハーゲンズボーグの教会。


DSCF3020.jpg



ナサツム・マウンテン。


DSCF3021.jpg

X-E3 XC15-45



ここで給油。
155Km。
ここにはプレミアムがあった。
やはり何L入ったかの記載はなし。
ポンプの写真を撮っておけばよかった。


DSC06876.jpg




お約束どおりマスクを付けてストアに入る。

DSC06880.jpg

RX100

今は2軒しかやっていない、テイクアウトだけのレストランでランチを購入し、
海沿いに行って食べることにした。


DSC06882.jpg

RX100


小さいけどここからフェリーが出ていて、
バンクーバー・アイランドまで行ける。


DSCF3023_2020080122515197c.jpg






DSCF3024.jpg






DSCF3025.jpg

X-E3 XC15-45



ここでしばしのんびりした後、
この日はウィリアムズ・レイクまで戻るので、
すでに2時ころだが帰路についた。




続く







[ 2020/08/04 06:34 ] Triumph Sprint GT | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3560-2ea43807