マツタケ狩りキャンプ Day2


一晩中降り続いた土砂降りの雨の中でも、
ぬくぬくと暖かく寝れるテントトレーラーだが、
中と外気温との差が激しく、
テント部分の内側が結露してしまうことで、
夜中と朝の2回、
内側の天井部分を拭いた。
それ以外は快適。

6時過ぎに突然雨が止んだ。
しばらくしてから外に出てみると、
前日よりも山の上の雪が増えている。

DSC00466.jpg






DSC00464.jpg




西の空が明るく晴れているので、
日中は晴れそうな予感。

DSC00463.jpg




朝食は簡単にカップラーメン。
外でお湯を沸かして、
カップに入れてから、外は寒いので中のテーブルで食す。

テントトレーラーでは極力、中ではクッキングはしない。
水蒸気の問題と、匂いが中に付くと熊をおびき寄せてしまうからだ。

この熊の問題がカナダではちとめんどくさい。
せっかくキッチンが付いているのに、
熊のことを考えると中で料理ができないし、
冷蔵庫にも食料やビールをを入れておけない。

バンクーバーの街なかのキャンプ場などでは、
それほど気にしなくてもいいのかもしれないが、
自分は基本的にかみさんをバンフに連れて行くときに、
ついでにキャンプも楽しもうという趣旨で買ったので、
これでは本末転倒。

ただし、テントトレーラーの外で寝てるぞという、
アウトドア感満載の感覚は大好きなのだが・・・。

30年ほど前、でかいキャンピングカーをレンタルして、
一週間ほど泊まったときは、
中の閉塞感が嫌で2日めからは外にテントを張って寝た。
以前持っていた、トラック・キャンパーでも同様。

でも次は熊問題からまたハードウォールのトレーラーにするかな。
ただし、そうすると宿泊人員はかなり少なくなるので、
友人たちを一緒に連れていけなくなるのがつまらない。


朝食後、トレーラーを畳んで9時過ぎくらいにチェックアウト。

当初の予定ではこのあと温泉に入り、
違う北方面のフェリーに乗る手前で、
また少しマツタケを採って帰る予定だったのだが、
昨日、あまり採れなかったかみさんは物足りないらしく、
温泉は入らなくていいから、
昨日採った近くでもう一回やってから、
北方面のフェリーの方に行きたいと言う。

かみさんの欲求不満を解消すべく、
また昨日のフェリーに乗り、
林道をトレーラーを引っ張ってマツタケ狩りに行く。

DSC00447.jpg






DSC00481.jpg






DSC00487-3.jpg




ムラサキフウセンダケも妖艶な色合いで森の中に佇んでいた。

DSC00476.jpg






DSC00485.jpg


そして何本か採ったかみさんも、
なんとか満足したようなので、
林道で苦労してトレーラーをUターンさせてまたフェリーに乗り、
北方面のフェリーへと向かう。


DSC00469_20201014234459d4b.jpg



途中の街、ナカスプも紅葉、黄葉が綺麗。
このとき陽が当たってなかったのが残念。

DSC00496.jpg



次のポイントではかみさんが2本マツタケを採ったけど、
自分はシャンテレール(杏茸)のみ。
でもこちらのほうが料理のつぶしが利いていい。


この小さい湖の近くで道沿いで止めるところがなかったので、
湖の近くまで細い道を入っていって、
道の行き止まりのところの広くなっている部分でUターンして駐車しておいた。


DSC00501.jpg

RX100 M6



その後、3時30分のフェリーに乗って帰ってきた。
フェリーを一本逃すと一時間待たなければいけないので、
その時間に間に合うように走って行った。
15分前に到着。



帰宅後は、かみさんがシャンテレール入りのホワイトクリームのパスタを作ってくれた。

昨日は王道、マツタケご飯とマツタケのお吸い物。
大変美味しゅうございました。
この2つがマツタケの料理で一番好き。
今朝も残りを食べた。
美味し。


いつも行くここのポイントも、
お隣アルバータ州からの日本人が多くなって来たので、
そろそろ違うポイントを開拓したいところなのだが、
なかなか簡単に見つけられないので、ついここに来てしまう。

いよいよ新ポイント探しに出るか。











[ 2020/10/14 07:06 ] RV | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3616-2bf6d572