バックカントリースキー 20210307 #2



樹の下でおやつを食べて休憩していたら、
老カップルに抜かれた。



DSC01423-2.jpg



スタートして少ししたあと、
自分たちが追い抜いて行ったカップルだが、
彼らは百戦錬磨の達人のようで、スキーなどの装備も達人仕様。
バックカントリー用のXCスキーながら、
かなり幅が広いものを使っていた。
トップの幅が89mmと90mmだと言ってた。
自分が使ってるのはトップの幅が65mm。
かなり違う。

XCスキーのトラックセットの幅が70mmらしいので、
普通はそれくらいより細い板を使うのだが、
彼らは完全にバックカントリー用にセットアップ。
只者ではない、
デキる老カップルだった。




DSC01424-2.jpg



自分も来年は装備をアップグレードする予定なので、
幅広タイプにしようかと思っていたが、
80mmくらいのものにする予定。

それからブーツも変えようと思っている。
ホントはコレを一番替えたい。


このあと少ししたら、
あんなに本格的な降りだった雪がピタッと止み、
なんと陽が差してきた。


DSC01426.jpg






DSC01427.jpg


Powder queenから駐車場に戻った。
4時前くらいだったか。
行程約11Km。

サーバン・レイクのXCスキー場のバックカントリーは、
アクセスがほとんどなく、すぐにバックカントリーに入れるので、
総行程は短い。


DSC01433.jpg


RX100 M6




このあとよほど天気予報が急転しない限り、
コレが今季最後のバックカントリースキーになりそうな予感。






地球はホントは丸くなかった!
”巫@とりま黄金時代”さん。








[ 2021/03/09 08:13 ] Winter sports | TB(0) | CM(2)

すごい老カップルがいるものですね。

Banさんの未来?!

未来は素晴らしい・・・・!のですね。
[ 2021/03/09 17:50 ] [ 編集 ]

Re: さららさん

カナダの老人はすごい人だらけですよ。
というか日本人がすぐに「年だから・・・」という言い訳をしますが、
カナダ人は若いものよりもすごいです。
知り合いでも80歳で、週に3回くらいバックカントリースキーに行って、
スキー場のスキー・レポートを書いてる人もいますし。

素晴らしい未来はもうすぐです。
早ければ来週ぐらいから変化が見えてくるかもしれません。
[ 2021/03/10 08:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3750-6d545540