初乗り



昨日バイクを引き取りに行ってきた。
買い物に行くかみさんに乗せていってもらい、
昼頃に先方の家に行く。

バイクはSuzuki V-strom650。
色はメタリック・フォックス・オレンジ。
いわゆるきつね色だ。


DSC01543.jpg



将来的にアドベンチャー系のバイクに換えようと思っていたのだが、
去年の夏のツーリングで、ダートを結構長い距離走ってから、
その時期が早まった。

前からV-strom650に目をつけて探していた。
スプGが売れてからと思っていたのだが、
近場のバーノンで極上品が売りに出たので、
遠いところまでトレーラーを引っ張って買いに行くのなら近いほうが楽だということで、
清水の舞台から飛び降りた。


DSC01544.jpg


今までは出ても少し遠くでの出品だったし、
これは純正のサイドケース等の欲しいオプションが全部付属していた。
ナックルガード、エンジンガード、アンダーガード、センタースタンド(標準装備?)である。
おまけにグリップヒーターも付いていた。
しかも走行距離は2012年型の旅バイクとしてはかなり少ない1万5千Km。


$_59 (1)

このパニアはスズキ純正になっているが、
以前持っていたモトグッツィの純正にもなっていたヘプコ&ベッカー製。
でかいので、普段はトップケースだけ付けておこうと思う。

今までのトライアンフのサイドケースは、
設計時からデザインもバイクと一緒に考慮されたものだと思うけど、
これはそうではないので、ちょっと見た目のバランスがイマイチかな。


タンクの官能的な曲線を描くエロいライン。
以前の日本車にはこういうエロい曲線のデザインが無かった。


DSC01545.jpg



帰りは今年最初の農道遠回りで帰宅。


DSC01548_20210404231717e2d.jpg


V-strome650はネットのレビューで見たとおり、
650なのにトルクフルなエンジン。

高回転域では違いが出るだろうが、
普段走る分には1000ccのエンジンとあまり違わないのではないかと思わせるような、
力がモリモリと湧き上がるフィーリング。
以前乗っていたモトグッツィなどに比べると、
控えめではあるが、ちゃんと感じるVツインの鼓動感。


DSC01549_20210404231719d13.jpg

RX100 M6


スプGの猛禽類的な精悍な顔つきに比べると、
オバQのような愛嬌のある顔立ち。


脚長のサスペンションと相まって乗り心地も上々。
後ろのタイヤは中央部が結構減っているので、
今年中には換えないといけない感じだが、
それ以外はまったくもって素晴らしい状態。


あとはこいつにくちばしをつけようと、
既にネットでオーダーしてある。
今月中には届くと思う。
装着が少し面倒なようだが、頑張ってやってみよう。

リヤタイヤを交換するときは、
純正より少しオフロードよりのものを選ぼうと思っているが、
コスト・パフォーマンスに優れたタイヤは何が良いのか、これから探してみよう。


Vストちゃん、これからヨロピク。







[ 2021/04/04 06:37 ] V-strom 650 | TB(0) | CM(4)

はずれました

こんにちは。いつも、すてきなお写真を楽しませていただいてます。アドベンチャーバイク、私の予想は見事にはずれました! 候補にもあがりませんでした。新たなバイクでのツーリングリポートも楽しみです。
[ 2021/04/04 20:40 ] [ 編集 ]

また楽しみが増えましたね。夫と違ってバイクのことはわかりませんが…
[ 2021/04/04 22:06 ] [ 編集 ]

Re: SRV鈴さん

SRV鈴さん、
おそらくタイガーとかGSを予想したんでしょうが、
これからカナダの北部を走るとなると、
やはり日本車の信頼性が欲しくなります。
こちらではGS以外のアドベンチャーの定番はやはりVstrom650ですね。
750cc以下だと保険代が安くなるということもありました。
それでも半年で470ドルでした。
スプGに比べると半年で100ドルくらい安くなったでしょうか。
[ 2021/04/05 08:45 ] [ 編集 ]

Re: さららさん


カナダでこのタイプのバイク乗ると、走れる場所が無限に広がります。
[ 2021/04/05 08:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/3777-268d67ac