1941 インデイアン


モーターショーに行ったとき、

不景気の表れとして、モールの中で閉めてしまった店のあとがぽっかり開いているところがいくつかあった。

そんな中の一つを使って、この地域のライダー・コミュニケーション・サイトがブースを開いていた。

そこに展示してあった、1941年型のインディアン。


フロント・サスが凄いね。
板バネだよ。




ガラス玉のシフトレバーが渋い。



ア、おじいちゃん、こんなところで元気でしたか !?



写真を撮ってたら、
サイトの管理者のアルがやって来て、
「またがったところを写真にとってやるよ。」
というので、
別に自分の写真は撮って欲しくもなかったけど、
断る理由もないので、
パシャってもらった。

インディアンがインディアンに跨るの図。



ハンドルの形が昔の自転車を思い出させる。


その隣のハーレーは去年の夏にSummer Stompで見かけた1942年型のハーレーだ。


土曜日の夜から雪、
かみさんは、また雪の中をバンフの日本人教会まで徹夜で走っていった。

あの人は信仰を穿き違えているんじゃないかなぁ。






早く、快晴の中を走りたいっ!!



[ 2011/02/28 03:32 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/557-0b210589