1912年


少し前から腰が痛かったので、
カイロプラクターに通っている。
うちから歩いて4~5分のところにある。

先生はおそらく3世くらいの日本人。
Dr, ショーン・シシド。

やはり、ウチと同じように古い家の一部をオフィスにして診療に使っている。
後ろのほうは自宅ということだ。

聞いたら、1912年築だそうだ。



入り口の前に飾ってあるのは、昔の給湯器だろうか?



受付の横にあるラジオ。
さすがに壊れているらしいので、
この中にちいさな今のラジオを入れて、音を出している。
でも、雰囲気はとてもいい。



診療室の机もこんな感じ。



タイプライターも渋い。




まだ、数回は通わなくてはならないかな。






今日も↓ポチッとありがとうございます。



[ 2011/01/20 08:55 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/588-986e3c55