これは何?解決編


バッテリーの横になんだかよくわからない箱がついていた件で、
前オーナーにメールして聞いてみた。

ディーラーに聞いても良かったのだが、
前オーナーのハロルドが何か手を入れた可能性も無きにしも非ず。

で、ハロルドから教えてもらって解決です。

やはり、hiroさんのコメントのとおり、活性炭のキャニスターでした。

イタリアから輸出されるときは 
北米仕用としてアメリカ・カナダともに同じものが輸出されるらしい。

そして、各ディーラーで地域別に仕上げられるのだ。

キャニスターはアメリカでは必要なのだが、カナダでは必要ないらしい。

なので、キャニスターは付いてくるけど、
必要はないので接続されずにそのままなのだった。

おそらく、カナダディーラーでカナダ仕用で売られるときははずされると思うが、
このバイクはアメリカ仕用をカナダに輸入したものなので、
こういうことになったのではないかと思う。

要はなくてもいいものだったというわけだ。



ところでハロルドさん、
じぶんがカリフォルニア・ストーンを買った後、
これを買ったらしい。


モトグッチ・ノルゲ。

かなり気に入ってるらしい。

こちらのライディング・ポジションのほうがカリフォルニアよりいいと思うけど、
エンジンの面白さはカリフォルニアだろうなあ。








ブログランキングに参加しています。






一日一回の応援クリックお願いします。




[ 2010/11/19 15:04 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/640-5cc92851