サンシャイン・コースト #4


帰りの日の朝、昨日からキャンプに来たお向かいさんが顔を出す。


「昨日、あの荒れた海でカヤックしてたの?」
「風が強くて、大変でしたよ~」
「私達は、年だから無理だと思ってやめたのよね」
賢いです。

テントの撤収やガジボの撤収などを済ませ、
後は出かけるだけとなっていた。

かみさんも洗面はフェリーの中で済ますかなと言ってたけど、
結局、洗面などしに行った。

これがまた時間がかかる、かかる。

30分くらい待ったかな。

そして、かみさんのコーヒーをスターバックスで買い、
一路、フェリーに向けて走り出す。


フェリー乗り場に着いたら、出航した10分後だった。

この後の便は2時間待たなければならない。
帰りの時間も調べとけばよかったなあ。


しょうがないから駐車場や待合室をうろうろ。

アイスクリーム屋さん、はっけ~ん!


みんなで食べる。

自分達の後から来た人たちも、外のベンチやピクニックテーブルなどで、
お弁当を食べたり、読書したりのんびりしている。

まったく何もしない2時間て、意外とないかも。


今日は風も穏やかだ。




フェリーが来た。

ここは陸続きなのに、道がないのでフェリーを使わなければ来れないんだよね。
バンクーバー側から乗るときだけ、お金を払う。
帰りは無料。

その後バンクーバーで、ちょっとだけ仕事もして行く。



向かいのビルのガラスに写る、ホテルバンクーバー。




フロントガラス越しにみる、ホテルバンクーバーの上部。
一泊5万円から8万円。
昔はこの系列ホテルの従業員だったので、
何回か3千円ほどで泊まったことがある。



バンクーバーのコンドミニアムの最上階にはペントハウスがあるので、
木や花が植えられているビルが多い。


ダウンタウンを通過し、すぐ南のリッチモンド市に行く。
バンクーバー国際空港のあるところだ。
チャイナタウンを通り越して、チャイナシティ状態。

ここには、日本食レストランのサプライヤーやダイソーもある。
食器や食材を購入。

それから、日本の書店もあるので、バイク雑誌を購入。
日本で買う、倍以上の値段だ。


たこ焼きもテイクアウト。


なんだかんだで遅くなり、
5時頃にバンクーバー出発。

都会は渋滞があるのでいやだ。
今回は、Hwy10からHwy15を使ってHwy1にのったので、それほどでもなかった。

8時半頃の夕日を浴びて、Hwyの岩壁に写るクルマの影。



11時頃、帰宅。
お疲れさま~。

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。





[ 2010/06/26 00:02 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/808-ff0c1c5b