Mable Lakeへ その3

時間も6時半を回ってきたし、
ひたすらペダルをこぐ。

55kmあたりからお尻が痛くなってきた。
下りでこがなくてもいい場所は、お尻を左にずらしたり、
右にずらしたりしながら走る。


いい味出してるな、この納屋。




朽ち果てたトラクターも、ひとつのオブジェか。
いや、もしかしたら現役かな。



ここにも。



その横にはダンプ。これはまだ現役かな? ナンバーもついてるし。




草原の黒いゴマみたいなのは牛です。


今は川に雪解け水が入ってきてるので、このシーズンはいつも草原が湿原化したり、湖化する。


何台かのハーレーが追い越していった。

いい音させてるな。

いつも思うのだけど、たまにストレートパイプの爆音のハーレーが走ってるけど、
ただ、バチバチいっててうるさいだけで、音に品がない。

うるさければいいっていうもんじゃないと思う。

自分にとっては、北米のストック・マフラーで十分いい音質と音量だけどね。

ま、もう少し音量が大きくてもいいかなという気がしないでもない。

それから、こちらの人はむやみやたらに回していて、
また、うるさい。
ハーレーは、個人的に、高めのギヤで回転を抑え気味の音が、
歯切れが良くてすきなんだけどな。




いままでバイクで走ってるときは気がつかなかったけど、
こんなカッコイイ、ログハウスがあったんだ。




陽射しもだいぶ傾いてきた。 あともう少しだ。



自宅到着は7時23分。

走行距離は約73km。

かかった時間は約4時間と53分。
そのうち、実走時間は4時間08分。
休憩したり、写真を撮ってたりした時間が45分。

久しぶりにMTBでこんな距離走った~。
中学生か、高校生いらいかな。
なんか、体調、気力ともに、すっげえ爽やかな気分なんですけど!

はまりそう・・・・。

かみさんと息子は、例によってバンフに行ってるので、
一人で、バイトのクリスが貸してくれた黒澤明の「椿三十朗」を見た。
自分が生まれた翌年の作品だ。
相変わらず、ミフネはかっこいい。
[ 2010/05/27 01:32 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/844-3295d6e2