感謝

昼間までは、まったくこんなめんどくせえことになっちゃってよ~!
なんて思っていた。

でも、晩御飯を食べているときに、突然、
今、こうしてかみさんと一緒にご飯を食べていられることが、
とても素晴らしいことに思えてきた。

そしたら、なぜだか涙が止まらなくなってきて、
かみさんと息子の手前、かっこ悪いので、
二人がキッチンにものを取りに行ったすきに、
あわてて、飯をかき込み、
急いで2階に行って、一人泣きしてしまいました。

こんな気持ちになるなんて思ってもみなかった。

普段は特に優しい言葉をかけてやるわけでもなく、空気みたいな存在だと思ってたけど、
なんだかんだ言っても、この人はやはり自分にとって大切な人なんだろうな。
[ 2009/11/24 14:40 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/982-b966e86e