現場検証

現場検証などという大げさなものではないのだけど、
昨日、かみさんが突っ込んだ農場のオーナーから電話があって、

「保険を使うと来年からの支払いがあがるから、もし良かったら示談でどう?」
ということらしい。

そこで午後の休憩時間に、手土産を持って出かけていった。
手土産は寿司、テンプラ、鳥唐揚げ、ギョーザなどの入った、
ウチの店のスペシャル・パーティー用のトレーである。

3時の待ち合わせだったけど、まだ農場主は牛さんとお仕事してるらしく、
まだ帰ってきてなかった。

奥さんはいたので、家に上がらせてもらって待つことにした。
その間、いろいろ話を聞いたけど、ここは死亡事故が多いのだそうだ。

17年前にここに越してきてから、この周りで3~4件の死亡事故があったそうだが、
ここ数年は事故が起きてなかったという。

昨日のかみさんの事故は久しぶりだったよとのこと。
大型トレーラーが突っ込んで来たかと思うような大音響だったらしい。
Hwyの反対側の人も心配して、出て来てくれていたし。



農場主のトニーさんが帰ってきて、外でいろいろ事故の後を見ながら話をした。

凄い事実がわかってきた。
かみさんはhwyをそれて、まず最初にこの5~6mある沢をジャンプして飛び越えた。 w(゚o゚)w オオー!


この沢を飛び越えるときに、反対側の土手に激突していたら・・・。(汗)
右に移っているのが農場主のトニーさん。ご迷惑をおかけしました。 m(-_-)m スマヌ




それからhwy脇を激走し、入り口のところでまたジャンプ。 |)゚0゚(| ホェー!!
パーツが散乱している。



反対側の門の支柱をなぎ倒して、立ち木に90度右に回りながら激突。 (゚ロ゚)エェッ!?
支柱をなぎ倒したことで、クッションの役割になったようだ。 ((゚m゚)アレマッ!
この支柱は地面より下に1.5m埋まっているという。支柱の折れた部分が、はるか遠くに転がっている。



向こう側にもクルマのパーツが飛び散っていた。

いずれにせよ、ものすごい事故だったことは違いない。

その後、保険やさんと話をした。

トニーさんのところの門や、フェンスを治そうが治すまいが、
どちらにしても、車は保険で治すか、払い終えないといけない。

それで掛け金の値上がりは避けられないとのことなので、
それではと、トニーさんのところの修復も保険でやることにした。

トニーさん、お手数をおかけします。 m(_ _"m)ペコリ
[ 2009/11/24 10:50 ] Category: None | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harukakanada.blog.fc2.com/tb.php/983-2017700a